profile profile

女子旅で訪ねた「日本最西端のローカル鉄道」

月刊ならでわ!編集部の“しらぷぅ”こと白井沙也可。

 

今年2月のメルマガでもご報告した通り

彼女は、公益財団法人佐世保観光コンベンション協会の

観光マイスター“ゴールド”資格に合格するほどの観光・旅好き。

 

その彼女が、MR松浦鉄道の一日乗車券を使って、

女子ひとり旅をしてきました!

 

僕「えっ!?一人で行ってきたの?」

 

しらぷぅ「そうです!最初に降りる駅と、行ってみたいお店だけ決めて、

後は、そこで現地の人に聞いて、次に行くおススメの駅や目的地を決めたのです」

 

・・・という訳で、彼女は佐世保市内の「本山駅」を出発して、

最初の目的地「田平西駅」に行き、

「みるく畑」でジェラートを買うことだけを決めて

日帰りで女子ひとり旅に出かけたのでした。

 

「みるく畑」で聞いたおススメの「こじま鮨」に行き、

カウンターでお寿司を食べながら、お店の方に次のおススメスポットを聞き出します。

 

そこから歩いて、「たびら平戸口駅」に行き

「日本最西端駅の到達証明書」を200円で購入。

レトロな昔の制服などの展示があって楽しめたそうです。

 

次は、MRの中でも「場所が分かりにくい駅ナンバーワン」といわれている

ローカルな駅「鷹島口駅」まで乗車。

駅から港へ向かう坂の途中から見た海と町並みは、

「この風景を無くしたくない!」という気持ちが湧き上がるほど

感動する景色だったそうです。

その日は急に冷えてきて

散策中、寒さに堪えきれず今福港の待合室で休憩していたら

知らないおばさんが「寒くない?」と親切にストーブを付けてくれるという

心まで温まる出来事もありました。

 

 

MR松浦鉄道の「佐々駅」から「有田駅」に向かう列車は、

1時間に1本しかありません。

 

しかしその運行スケジュールこそが、途中下車して散策を楽しむのに

まさに丁度良いのだそうです。

 

鷹島口駅を出た後は、「蔵宿駅」という写真映えするレトロな無人駅で下車。

散策しながら「ヌルヌル有田温泉」に寄って身体の芯から温まり、

最寄りの「三代橋駅」から、帰りのMR松浦鉄道に乗車。

ウトウトしながら2時間かけてのんびり帰ってきたそうです!

 

しらぷぅに言わせると「MRだからこそお酒飲んで帰るのもおススメ!」

MRで、「地元の酒蔵や、ローカルな居酒屋さんをはしごして

地元の名物を堪能する女子旅コース」も企画したいそうです!

 

旅をしてみて、「一日乗車券が2000円」というのはとてもお得だった!

通常「本山駅から三代橋駅まで片道で2,390円」なので、

「半額以上得した!」というのが彼女の偽らざる感想です!!

 

 

さて、弊社発行のフリーペーパー「月刊ならでわ!」で

連載してきた人気コーナー「松浦鉄道・各駅停車の旅」。

 

編集部の女性たちが、毎月交代で担当。

毎月「一駅ずつ」各駅停車で進みながら、

体験取材の旅を続けてきました。

 

現在配布中の2021年4月号をもって、

MR松浦鉄道の全57駅を訪問し、ついにゴールしました!!

 

スタートは今から6年前の2015年4月。

当時の編集担当OGトミー(現FMさせぼパーソナリティともこさん)が、

絶対やりたい企画だから!と目をキラキラさせて相談に来ました。

 

「MR松浦鉄道は、長崎県北の公共交通機関としてとても大切な存在」

「市民の生活の足として重要なだけでなく、

観光客はもちろん地元っ子も遊べるスポット紹介を創りたい」

と燃えていました!!

 

私たちSK-i Corporationとしても、

地元タウン情報フリーペーパー運営会社としての使命感に火がついて、

「全駅を各駅停車で旅してそれをコーナーとして連載する」

ことを決定したのです。

 

それから数年後、松浦鉄道さんとしても、

「月刊ならでわ!」の取り組みを意気に感じていただき、

なんと松浦鉄道の車両に専用デザインのヘッドマークをつけた

「ならでわ号」を造っていただいたのです。

 

ならでわ号は、車両の室内のディスプレイも、

オレンジ色のポスターが全面を飾り「ならでわ一色」!!

 

今回のゴールにあたっては、

佐世保駅の一つ前の駅「佐世保中央駅」を出発。

あっという間に「佐世保駅」に到着しました。

 

佐世保駅にはキャラクターの「マックス君」をはじめ、

松浦鉄道の会長さん社長さんをはじめ皆さまのお出迎えを受け、

企画立案者のOGトミーも駆けつけて感動のゴールとなりました!

 

 

MR松浦鉄道は、日本最西端を走る鉄道。

 

鉄道に乗っていると、自分で車を運転している時には気づかない

季節のローカルな風景が見えてきます。

 

月刊ならでわ!の「松浦鉄道・各駅停車の旅」はゴールしましたが、

「MR松浦鉄道」で旅する企画は続きます!!

 

今後は、「MRに乗ってウォーキング」(松浦鉄道主催)を

ならでわ編集部で事前に体験取材!などなど・・・

新たな切り口で松浦鉄道の旅を続けていく予定です。

 

どうぞご期待ください!!

 

 

月刊ならでわ!「松浦鉄道・各駅停車の旅」

https://www.naradewa.com/plan/matsutetsu268?plym=202104

 

松浦鉄道路線図

http://matutetu.com/publics/index/12/

 

松浦鉄道

http://matutetu.com/

 

観光マイスター(しらぷぅが写真入りで紹介されています:最下段左側)

https://www.sasebo99.com/kankou-meister/

※公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会公式ホームページ