profile profile

開幕戦だ!今できることを精一杯!!

J2開幕戦までのカウントダウンが

あと9日となったある日、携帯電話が鳴りました。

V・ファーレン長崎担当の方からです!!

 

V・ファーレン長崎 VS ツェーゲン金沢の開幕戦に、

YOSAKOIさせぼ祭りのチームを派遣して欲しいというお話です!!

当日まであと、9日という短い期間で派遣チームを決めないといけません。

 

このコロナ禍の中、各種イベントは、そもそも開催できるかどうか

そして、応援イベントの類を行うことができるのか、諸々の判断を

ギリギリまで検討してらっしゃったはずですから、

依頼が今のタイミングになったのは止むを得ません。

 

いつもなら、複数の大規模チームに声掛けして、

大勢で応援に駆け付けたいところですが、

感染防止対策のため、

最大でも「40名以下」で来て欲しい とのこと。

 

さらにYOSAKOIチームも、このコロナ禍で

練習を中止している場合が多いという事情もあり、

可能性のあるチームに、直接声掛けをすることにしました。

 

調整の結果出演してくれることに決まったのが、

「佐世保女子高校生チーム 雅~MIYABI~」

 

出演が決まってすぐ、祝日2月23日には、

旧戸尾小学校体育館に雅のメンバーが集まってリハーサルを実施。

女子高校生たちの元気な笑顔と演舞を見て、

開幕戦で選手やサポーターを盛り上げる役には、

まさにピッタリだと確信しました。

 

 

限られた時間と予算の中でも、感染防止対策をしっかり行い

女子高校生たちを引率していかなければなりません。

本田実行委員長以下4人のメンバーが、車を出して分乗させ、

Vファーレン長崎からの指示に従って

「当日まで毎日検温記録・常時マスク着用・車中も会話を控えて」

と道中も気をつけながら行ってきました。

 

試合当日の「佐世保女子高校生チーム 雅~MIYABI~」の応援演舞は、

予想通り、元気一杯で最高の出来でした!

 

特に、コロナ禍で発表の場もなかった3年生にとっては、

この機会は、最高のステージとなり笑顔が弾けました。

演舞の後は、みんなで試合を応援!!

 

開始早々に、

V・ファーレン長崎の毎熊晟矢選手が先制点を挙げ、

そしてカイオ・セザール選手が追加点を挙げて、

絶好調に盛り上がりました。

後半は、1点返されましたが、守り抜いて初戦を勝利で飾りました!

 

これは本当の話ですが、YOSAKOIチームが応援演舞に出向いた試合は

圧倒的な勝率で勝ち続けています!

今回も縁起良く、勝利を手にすることができました。

 

試合終了後、

V・ファーレン長崎の選手たちが、凱旋して観客席の近くまで来ると

女子高校生達は手を振って大はしゃぎ!!

 

選手たちもとても嬉しそうな顔をして

手を振り返していました。

 

 

V・ファーレン長崎サッカー夢大使の髙田明さんは、

YOSAKOIさせぼ祭りの審査委員長を務めてくださっています。

 

髙田明さんは、YOSAKOIとVファーレン長崎が

常に繋がっていることが大事だとおっしゃいます。

この連携の幅を広げていくことで、

長崎から日本を、そして世界を元気にすることができる。

また被爆地長崎から平和の思いを伝えていくことができるという

メッセージを強く発信してくださっているのです。

 

2月27日のトランス・コスモススタジアムでの開幕戦も

Vファーレン長崎スタッフが、感染対策を徹底し、

今できることを精一杯された結果、開催することができ

たくさんの人を元気にしました。

 

今年こそ「YOSAKOIさせぼ祭り」が開催されることを心から願いつつ

私達も、今できることを精一杯!やっていきたいと思います。