profile profile

「ならでわ編集部“しらぷぅ”の観光マイスター受験奮闘記」

地元タウン情報誌「月刊ならでわ!」は、創刊21年目に突入!
編集部には、創刊当時小学生だったという世代の
女性スタッフも活躍してくれています。

その中の一人
“しらぷぅ”こと白井沙也可は、
創刊当時まだ小学1年生でした。

そんな彼女が、昨年の秋に、ふと思い立ったそうです。
「勉強の秋!なにか資格をとりたい」
「仕事にも役に立ちそうな資格をとって、自信が持てるようになりたい」

そう思って探していたところ、
-佐世保・小値賀official検定-『海風の国観光マイスター』
(公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会)!!
の検定情報を10月中旬に発見!!

毎月発行の「月刊ならでわ!」に加えて、
「年末年始特大増刊号」を作成している時期ですので、
勉強の秋どころではない忙しさだったはずですが、
彼女は、検定へ挑戦することを心に決めたのです。

JR佐世保駅構内の佐世保観光情報センターに行けば、
「テキストと過去問が無料でもらえる!」と聞いて、早速訪問!
「もらえるものは“あるしこ”ください」と、もらって帰ったそうです。
(※“あるしこ”=“あるだけ全部”の佐世保弁です)

そして、休日には、お昼から夕方まで図書館に詰めて
一生懸命受験生のように勉強しました!!

受験に臨む彼女の想いは

「させぼの本物を発信していかないと、佐世保に来たいという人は増えない」
「佐世保には、なんもないやん!と言う人がいるけど、それって知ろうとしてないだけやん!」
「本物を知って、本当に良いものを発信していきたい!」
「本物と偽物を知りたいから勉強する!」

という熱いものでした!!

久しぶりに受験生のように勉強した彼女は、
2020年11月10日、海風の国観光マイスター
「シルバー」検定を受験しました。

しかし・・・
受験を終えて答え合わせをしてみると、
凡ミスを次々に発見、50問中10問くらいあったそうです。

合格するためには、40問正解の80点以上の点数が必要です。
うまくいってもギリギリです・・・。

検定の次の日に取材に同行していた同僚の話を聴くと、
「せっかく一生懸命勉強したのに、こんな凡ミスをした~」
「落ちた~(:_;)」
と取材同行の一日中“しらぷぅ”から愚痴を聴かされていたそうです。

そしていよいよ11月末のシルバー合格発表の日。
なんと!見事、ボーダーラインの80点ぎりぎりで合格していたのです!!

 12月中旬に行われた授与式の写真が
「広報させぼ2月号の裏表紙」に掲載されています。
“しらぷぅ”は朝長則男市長の左隣に座って写っています。
(まるで首席合格者のように・・・(;^ω^)

彼女の晴れ姿をコチラでご覧ください!
https://www.city.sasebo.lg.jp/soumu/hishok/kohosasebo/documents/202102p0132.pdf
なんとインタビューも掲載してもらっています!!

さらに、実技試験を伴う、海風の国観光マイスター
「ゴールド」の検定が、2021年1月15日金曜日に行われ。
それにも挑戦!

“しらぷぅ”の熱い想いの佐世保愛が通じたのか、
90点以上が合格のところ、
なんと「ゴールド検定」も、ボーダーラインの90点で合格!!

素直な向上心を持つ彼女には
「運」も味方してくれているようです!

「この資格を『ならでわ!』の仕事にも活かしたい!
今年中に、未だ行ったことのない名所に行ってみたい!!
個人的にもSNSインスタグラムで発信していこうと思っています」という彼女が、
ウイズコロナの時代にも、アフターコロナに照準を向けて、
新しいムーブメントを起こしてくれそうです!

-佐世保・小値賀official検定-『海風の国観光マイスター』
(公益財団法人 佐世保観光コンベンション協会
https://www.sasebo99.com/kankou-meister/
※ちなみに、観光マイスターのテキストとなっている
海風の国トリセツ「佐世保・小値賀観光ガイドテキストブック」
はSK-I Corporationでデザイン・編集・印刷製本させていただきました。
https://www.sasebo99.com/images/kankou-meister/pdf/r2_torisetsu.pdf