profile profile

あなたはどっち?10年後破綻する人、幸福な人

 

まだ春寒の2021年3月18日木曜日、

今年度最終回となる10回目の「させぼ夢大学」講演会が開催されました。

 

コロナ禍中にある今年度は、

徹底した感染防止の雰囲気をつくるという重大な任務を負って、

毎回のMCを私が担当させていただきました。

 

昼夜二部制とし、ホール定員の50%となる1000人ずつの入場に制限はしておりますが、

アルカスSASEBO大ホールでの開催は、

10回目といえども大きなプレッシャーを感じながらの進行でした。

 

そんな中、役目上、昼夜2回分もたっぷり聞けた荻原博子氏の講演は、

得るモノ大!!

メモにしてA4で11枚分になるほどの充実した内容でした。

 

今回のテーマは、

10年後破綻する人、幸せな人

さてあなたはどちらに・・・!?

ぜひお読みください。

 

荻原博子氏の講演は、かなり具体的!

しかも、遠慮なくズバッと切り込まれます!!

 

「もしここに保険業界の方がいらっしゃったらゴメンなさい」

「もしここに銀行や証券会社の人がいらっしゃったらゴメンなさい」

と、ことわりながらも、

消費者の立場から、ズバリこうすべきだ!と、

ハッキリとおっしゃいました。

 

結論は

『借金減らして、現金増やせ』

 

あたりまえのことのようですが、現実は、そう簡単にはいきません!

 

巧妙に魅力的な商品の広告が付きまとい、

それをカンタンに買えるローンがあります。

 

さらに現在、銀行窓口でも、

投資信託や保険の商品を取り扱えるようになり、

積み立て投資などの商品も勧められます。

 

しかし、手数料率などが高いことなど、買う側にとっては不利なことを、

講演会だからこそ言える「生の情報」として教えてくださいました。

 

※ここには書けないことも多々あることをお察しくださいませ。

 

【投資について】

「投資に気を付けて!

コロナが終了するまでは、乱高下する可能性がある」

 

なぜ「コロナ禍」なのに、「株高」になるのかという、3つの理由は?

 

1:コロナによる金融緩和で、カネ余りとなり、

株式市場、ビットコイン、金 などに資金が流れていること。

 

2:日本銀行が株を買い支えていること。

30兆~40兆つぎ込むという官製相場。

 

3:コロナ禍でも、もうかっている会社もあるということ。

 

しかし、この3つの状態はいつまでも続くとは限らない!
だから、「なくなっても大丈夫なお金」で、楽しむのみ!

その範囲ならよいでしょう というのが、荻原さんの結論です。

 

 

【医療保険について】

日本には、世界に冠たる国民皆保険制度がある。

そして日本の医療制度も世界でも最高水準。

だから、「日本では医療にかかるお金について、そんなに心配しなくてよい」

というのが荻原さんの結論です。

 

荻原さんが、かなりこまかく説明された試算では、

医療には一人100万円、貯金があれば大丈夫。

「保険は最低限で良いはず」というのが荻原さんの意見でした。

 

そもそも昨今の病院は、そうそう長くは入院させてくれません。

しかも、健康保険制度と、高額療養費制度によって、

自己負担しなければいけない金額はかなり圧縮されます。

だから、「保険は最低限で良いはず」なのだそうです。

 

最近「健康保険適用外」の「先進医療」が話題になっていますが、

がんの先進医療の薬といわれていた、白血病治療薬「キムリア」(1回3349万円)、

がんの特効薬オプジーボ(年間3500万円)、

内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」による手術(約3500万円)も、

現在では、なんと「健康保険適用」になっているのです!!

 

本当に良い治療法というお墨付きがでたら、健康保険適用になるのですね。

現在、がんの90%は健康保険で治しているのが現状とのこと。

日本の保険制度はとても質がよいといえるのだそうです。

 

※ただし、「高額療養費制度」は、請求し忘れている事例が多いので、

注意してくださいとのことでした。

※「健康保険適用」には、個別に様々な条件があります。

 

 

【介護費用について】

介護についても、昔は場合によっては数千万円かかる

と考えられていたのですが、

2000年にできた「介護保険」制度のおかげで、

現在では、個人の費用負担は、1割負担※で済んでいます。

 

実際に介護を経験された方々のアンケートによると

「平均の実際必要額は500万円」だったそうです。

 

だから、リタイヤ後の夫婦でも医療に一人100万円、介護に一人500万円かかるとして

夫婦とも介護が必要な状態になってしまった場合でも

二人で1200万円の貯金があればなんとかなる!ということです。

 

そんなに貯金はない!という方でも

健康に気を付けてピンピンコロリなら、このお金はかからない(笑)。

心配しすぎることはない!というのが、荻原さんからのメッセージでした。

 

※自己負担は基本的には1割ですが、所得や介護保険の認定結果によって変わります。

 

 

【「幸福な人」になる重要な条件】

そのひとつが、『夫婦仲が良いこと』

 

夫婦仲がよければ、日々の人生が楽しい!

夫婦仲が悪いと、ステーキ食べても美味しくない!

良ければラーメンでも美味しいのだ!

だから、夫婦仲が良ければかなり節約効果があるのだそうです。

 

夫婦は、子どもが巣立つと会話が減るので、

あえて、家庭の話題として、「家計」の事を話すと良いそうです。

「豊かな老後を暮らしたい」という「同じ目標」をもって会話をするのです。

 

土台として、一枚の紙に、家の試算を書き出すとよいそうです。

【資産】 家 株 現金 保険   【負債】 住宅ローン 車のローン

そうすると、2人で努力するための土台が見えるという訳です。

 

2人で協力すれば、「年金だけでも暮らしていける」というのが、

荻原さんからのメッセージです。

 

その際、「目標は共有」するけど、

「役割は分担」するのがコツだそうです。

 

それを「分担」せずに、夫婦「一緒に」やろうとすると、

夫婦喧嘩のモトになってしまう可能性が・・・(;^ω^)

 

「男の目、男性の視線」と

「女の目、女性の視点」では得意なことが違うので、

役割は分担するべきだと、

かなり具体的なアドバイスをくださいました。

 

このメルマガでは、そろそろ紙面の都合がありますので、

詳しく知りたい方は、荻原さんの書籍をお求めください!!

 

 

【子どもにお金を残しても、ろくなことはない】

遺産を相続した兄弟姉妹などかなりの方々が、

1千万円以下の財産を巡って、家庭裁判所でもめているのだそうです。

そうなると、恨み辛みが残るので、

もとのような人間関係に修復するのは難しくなるそうです。

 

よかれと思って残したお金が、

大変な不幸を発生させてしまう原因になっているのです。

だから、お金を残すのだったら、

きちんと分けた「もめない遺言」を残す。

 

しかし、それよりも、

「自分のために楽しくお金を使いましょう!!」

というのが、荻原さんの結論的メッセージです。

 

「10年後破綻する人、幸福な人」

https://www.amazon.co.jp/10%E5%B9%B4%E5%BE%8C%E7%A0%B4%E7%B6%BB%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%80%81%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E3%81%AA%E4%BA%BA-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%8D%BB%E5%8E%9F-%E5%8D%9A%E5%AD%90/dp/4106106523

 

「荻原博子氏の本」

https://www.amazon.co.jp/s?k=%E8%8D%BB%E5%8E%9F%E5%8D%9A%E5%AD%90+%E6%9C%AC&adgrpid=100995419661&gclid=Cj0KCQjw3duCBhCAARIsAJeFyPVc1zD14GMxr13QkWz2v5t3Qy8oxSAj7_h1JETiS02ai4t2qCjMvWAaAmLeEALw_wcB&hvadid=448391434968&hvdev=c&hvlocphy=1009746&hvnetw=g&hvqmt=e&hvrand=1081934063455319429&hvtargid=kwd-413714397831&hydadcr=12933_11176527&jp-ad-ap=0&tag=googhydr-22&ref=pd_sl_8xy1oi06a2_e_p51