profile profile

やっと出会った「SDGs(エスディージーズ)を…易しく語る人!」

「ドーナツのような形の、17色の綺麗なバッジ!」

背広の左胸に着けているビジネスマンを良く見ますよね!

 

エスディージーズ:持続可能な開発目標

SDGs (Sustainable Development Goals)

のバッジです!

 

なんとなく、地球環境がこのままでは持たないぞ!

 

だから、地球環境が「持続可能な開発目標」を、世界中で共有して、

次の世代につなぐことのできる社会にしなければならないのだ!!

 

…というようなことを、漠然とイメージしていましたが、

正直言って、「SDGs」って「難しい」という

先入観を持っていました。

 

「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、

ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、

まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに」

(井上ひさしさんの言葉)

 

こんな風に、「SDGs」を解説してくれる人がいたらいいなと思っていました。

 

すると、なんと先週の火曜日に、そんな人の講演を聴くことができたのです。

 

3か月ぶりに再開された経済同友会に招かれた講師は、

「福岡テンジン大学」学長の岩永真一氏。

 

テーマは、「SDGs×経営戦略が中小企業の未来を変える」

でした。

 

 

◆3ステップで始める「SDGs」

 

講演の冒頭に、「SDGs」というと、

いろいろと難しいという印象を持たれている方が多いようですが、

シンプルに考えましょう!

次の3ステップで始めてください!!と切り出されました。

 

ステップ1 : 最初に、発表・宣言する

「当社はSDGsやります!」と宣言する。

 

…とりあえず、当社もすぐ宣言したいと思います!!

 

ステップ2 : 次に人事に手を付ける。

人事に「ダイバーシティ」を取り入れる。

(多様な人材を積極的に取り入れる)

 

…は、すでに当社でもやっているつもりですが、もっと頑張ります。

 

3:そして戦略は、

「学習する組織を育てる」

 

…やっぱり、学習する必要があるのですね・・・

 

このように、シンプルに3つのステップで説明されると

とにかく取り組みを始めることはできそうです。

 

とりあえず、「色の綺麗なバッジ」も注文しました!

https://sdgs.media/blog/4049/

 

 

さて、「SDGs」とは、2015年9月の国連サミットで定めた

「2030年までのアジェンダ」のこと。

 

なんと、人類史上始まって以来初めて!!

「全人類が合意」した目標なのだそうです。

 

SDGsでは、人間の社会は、地球環境に支えられている

ということが基本になっています。

 

SDGsとは、世代を超えてすべての人が、

自分らしく・より良く生きられる目標です。

そして、基本的人権と、人間の尊厳、

男女及び「大小」各国が同権であるとされています。

 

 

◆インターネットが変えた「社会のスケール」!

…貢献すべき「地域社会」が「地球規模の社会」に!!

 

ところで、いろんな会社の「企業理念」を見ると、

「地域社会」に貢献するとよく書かれています・・・

その「地域社会」の範囲を「どこからどこまで」なのか?

と考えることが大切なのだそうです。

 

実は、今の「地域社会」の定義は、

インターネットのおかげで、

「地方規模」から、「地球規模」に拡大しているのです。

 

だから、佐世保という地元だけに社会貢献していたのでは、

過去のスケールになってしまいます。

 

地方の中小企業であっても、

「地域社会」の定義は、「地球規模」としなければならない時代となりました。

 

「企業の優秀さ」も、「拡張された地球規模の世界」から

評価されるのです。

 

「情報はすべてインターネットで紐づいている」ので、

ローカルの情報も、瞬く間に世界に拡がる!と考える必要があります。

 

先日のオリンピック委員会での、前会長の女性蔑視の発言が、

一夜にして世界中で炎上した事でも、その広がり方は想像できると思います。

 

ここは、当社でも発想を広げて、

自分の「地域社会」の概念を再設定して、

「地球規模の社会」に貢献するようにリセットしたいと思います。

 

 

◆「SDGs前」と「SDGs後」で変わる評価の基準

 

「SDGs前」は、つながっている社会は限定的でした。

「大量生産」「売上拡大」「株主還元」「大量雇用」

といった「財務情報」にできる判断基準で評価されていました。

 

「SDGs後」は、全世界とリアルタイムに、

より高解像度でつながった社会になりました。

「ダイバーシティ」「格差是正」「循環型」「持続可能」

といった「数値目標にしにくい」判断基準で評価されるそうです。

 

その結果、「ヒト・モノ・カネ・情報」のうち

特に「カネ」の動きが、「SDGs」を意識して変わってきています。

 

環境や社会への配慮をしているか!?

従業員の能力や、生活水準の向上に投資しているか!?

成長投資をしているか!?

そういうことが「投資する先を選択」する際に

問われる時代になったのです。

 

なにか難しそうですが、地方の中小企業でも、

やれることがいろいろとありそうだと、

前向きに考えたいと思っています。

 

 

◆「SDGs後」の消費者と求職者の視点

 

1:PR/広告/営業は、「SDGs 的な視点」で監視されています。

「そうでなければ炎上する」のです!!

 

2:消費者/サプライチェーンは、

「SDGs」を「商品・サービスの選択」に意識するようになるでしょう。

 

3:採用/就職活動については、

「自分で考え、コミュニケーション力がある、

物事を前に進めることのできる優秀な人材」ほど、

仕事で社会への貢献を図ることを目指しています。

就職活動にも「SDGsの視点」が芽生えているのです。

 

 

岩永学長様には、いろいろと教えていただきましたが、

結論は「学び続けないと生き残れない!」と締めくくられました。

やっぱり、学習は一生し続ける必要がありますね!

 

 

まずは、「17の目標」の中の、「169のターゲット」の中から、

「自社に合うものを選ぶ」ことからスタートしたいと思います。

 

SDGsの参考になるリンク

「17の目標169のターゲット」

https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/17goals/