profile profile

千葉から届いた佐世保愛!

「YOSAKOIさせぼ祭りの開催可否の記者発表」を予定していた

先週5月21日木曜日の朝、髙田明さんからの電話が鳴りました!!

 

実は記者発表の2日前

「延期」という、後ろ向きなニュースだけでなく、

少しでも「前向きなメッセージ」を発信したいという

YOSAKOI関係者みんなの気持ちを託したメールを

YOSAKOIさせぼ祭り審査委員長を務めていただいている

髙田明さんに送っていたのです。

 

ノーベル賞受賞の山中教授と数日前にテレビ出演されるなど

多忙を極めておられたはずの髙田明さんですが、

記者発表の時間が当日の13時30分からであることを確認されると

なんと、

「その時間なら予定は大丈夫!

ズームでつないで、生出演でメッセージを伝えよう!!」

と、記者発表へのオンライン出演をご快諾いただけたのです。

 

おかげで、記者発表には、ほとんどのメディアの方にお集まりいただき

当日のテレビ・次の日の新聞に大きく取り上げていただきました。

 

記者発表では、髙田明審査委員長から、

今回の判断に対する支持と、開催できないことへの悔しさ、

チームやスタッフ・関係者の皆さんへの労わりの気持ち、

さらにはこの苦しさはYOSAKOIだけではないこと、

これからまだまだYOSAKOIには「世界中の人を幸せにして

エネルギーを与えていくという大切なミッション」があり、

コロナに決して負けず、打ち勝つんだという

強い気持ちで、前を向いて歩みを進めないといけない。

そして、そのために

来年のYOSAKOIさせぼ祭りにおいても引き続き

審査委員長をお引き受けいただけること(感謝感激!)

をプレスの前で熱く、熱く語っていただきました。

 

「延期」という衝撃に沈んでいた私たちですが、

髙田明審査委員長に大きな勇気をもらいました。

 

 

そしてその次の日

私たちに、さらに「感動の涙」が溢れ出るような

嬉しいメッセージが届きました。

 

それは、

千葉県のよさこいチーム「鴉(からす)」の皆さまからの

メッセージです。

 

4年前から連続でYOSAKOIさせぼ祭りに出場してくれている

21名のメンバーの皆さまから、写真付きのメッセージが届きました。

 

代表していただき2名の方のメッセージを、お許しを得て転載します。

 

【千葉から届いた佐世保愛 その1】

 

鴉の踊り子、あかねです。

4年前から毎年させぼYOSAKOIに参加させていただいております。

千葉からすっ飛んで行くのは、こんな私たちをあたたかく迎えてくださるさせぼの皆さまがいるからです。毎年、帰りにぼんやり飛行機の窓の外を見ながら、しみじみ「やっぱり来てよかった!今年もさせぼ最高だったなぁ!」と思うからです。

 

させぼでの思い出はいっぱいあります。素晴らしい名切ステージからの眺め、圧倒される九州チームの勢い、アーケードに響き渡る掛け声、美味しいさせぼグルメ、財布を落としたらそのまま返ってくる優しいまち!!語り出したら“大好き”が止まりません!!

 

今回の判断は、そんなお祭りに対するたくさんの人の想いを汲んだ、愛であふれていると思いました。前例になく、様々な葛藤がある中での判断は、私たちの想像を遥かに超える苦労があったと思います。深く感謝です。ありがとうございます!!

 

今はさせぼへの熱い、熱苦しい思いを膨らませ、来年一気に爆発させたいと思います。演舞に全て出し切ることで、させぼYOSAKOIの盛り上がりに少しでも貢献します。

 

大好きさせぼ!

楽しみさせぼ!

待ってるよさせぼーーー!!

 

(鴉 踊り子 あかね様より)

 

 

【千葉から届いた佐世保愛 その2】

 

鴉代表の匠と申します。

 

来年お伺いした際に鴉を見ていただければ、我々の

佐世保に対する想いを感じていただけると思います。

 

こんなに離れていても、

こんなにYOSAKOIさせぼを愛しているチームがいること、

愛される祭り、町、人であることに誇りを。

 

今回の背景もお話いただき、ご判断をリスペクト致します。

また、お世話になりますので、宜しくお願い致します。

 

(鴉 代表 匠様より)

 

鴉(からす)は、数々の大規模YOSAKOIイベントで、

見事な受賞実績を重ねている、千葉県を代表するYOSAKOIチームです。

YOSAKOIさせぼ祭りでは4年前初出場でアンダー20大賞を受賞。

その後3年連続でファイナルステージ進出を果たしています。

 

 

最後に、あらためて、

本田英樹実行委員長の発表の言葉を借りて、

YOSAKOIさせぼ祭りについてお知らせいたします。

 

私たち、YOSAKOIさせぼ祭り実行委員会は、

この度の新型コロナウイルス感染拡大防止を受け、

街なかや市民の皆様のご意見、

YOSAKOIチームの活動状況のアンケートも集め

様々な観点から協議を重ねてきました。

 

その結果、第23回YOSAKOIさせぼ祭りは

本年10月の開催を見送り、

2021年10月22日・23日・24日に開催することといたしました。

 

今回の報告にあたっては、

朝長市長、木山県北振興局長はじめ、

市・県の皆様にもたくさんの激励と応援の言葉をいただきました。

 

佐世保の私たち実行委員会だけでなく、全国のチームの皆様、

応援していただける沢山の方々とともに、この難局を乗り越えて、

より一層力強く歩みを進めていきたいと思っております。

 

一緒に、コロナに打ち勝ちましょう!

今後とも尚一層のご支援、ご協力を賜ります様、

何卒宜しくお願い致します。

 

★「鴉 21名様からのメッセージ」を、

お許しを得て転載させていただきます。★

 

 

 

 

 

千葉から届いた、佐世保愛あふれる「鴉」の皆さまからのメッセージ。

本当に大きなエネルギーをいただきました!!YOSAKOIさせぼ祭りでの再会を楽しみに、心からの感謝をこめて、復活への準備に励みたいと思います。