profile profile

こんな時こそ「読書のススメ」~按針と家康~

新型コロナウイルスの対策で、

子供たちは長い春休み中。

 

大人にとっても、

なにかと室内で過ごす時間が増えている気がします。

 

 

こんな時こそ、読書を楽しんでみませんか?!

 

弊社出版部門「芸文堂」から、

3月10日に新刊本「按針と家康」が出ました!

 

前作「西海の覇王」で「佐世保文学賞」を受賞された

和田隆氏、書下ろしの歴史小説です。

 

 

物語の主役は、三浦按針ことウイリアム・アダムス。

長崎県北地区に住む私たちにとって、

平戸の地でも活躍した三浦按針の話は、

とても興味深いものです。

 

西暦1600年、彼が航海長として乗り込んだ

オランダの貿易船リーフデ号。

数々の苦難に満ちた大航海の末、奇跡的に日本に流れ着きました。

 

読み進めていくと、

日本でのいくつもの運命的な出会いによって、

徐々に力をつけていく按針の姿が、

まるで大河ドラマでもみているように

生き生きと浮かび上がります。

 

この物語に出てくる主要な歴史的出来事は、

史実に基づき書き下ろされており、

そのなかでうごめく人間ドラマが

フィクションとして付け加え構成されています。

 

 

日本に漂着し、囚われの身となった按針が、

なぜ信用を得て、徐々に立場を築いていくことができたのか?!

 

その鍵を読み解いていくと、

人生のヒントを得られるように感じました。

 

この小説に描かれている按針の人間性や人格に、

今年正月から学んでいる「7つの習慣」を感じることができるのです。

 

1:主体性を持った決断

2:終わりを思い描いてから始めること

3:最優先事項を優先しての行動

4:WIN-WINを考える

5:まず相手を理解してから理解される

6:シナジー効果を生み出す

7:刃を研ぐ

 

このすべてが按針の決断や行動に重ねてみることができました。

物語を楽しむだけでなく、違った視点で読む楽しさも

良いものだなと思った今日この頃です。

 

 

『按針と家康』のお求めは佐世保市内有名書店で!

金明堂(京町店・日野店・大野モール店)、

金文堂イオン大塔店、TSUTAYA佐世保五番街店

花水木(博文堂書店)、させぼ四季彩館、寺山文書堂、久保書店ほか

 

芸文堂のサイトからも購入できます

https://i.r.cbz.jp/cc/pl/uysr9546/c0ayhuk2gyal/yyh5fjxy/